© guild Nemuro

  • ブラックInstagramのアイコン
  • Facebook 黒のラウンド

item no.422

バウハウスのデザイナー、Wilhelm Wagenfeldデザインのエッグカップです。

1853年創業のドイツのテーブルウェアメーカーWMFから出されたこのエッグカップは、

量産されたプロダクトでありながら工芸品の様な佇まいをしています。​


ガラスを使ったプロダクトデザインが良く知られているWagenfeldですが、

元々はバウハウスの金属工房で学んでいたので得意分野だったのかもしれません。

ソーサー部分は割った卵の殻を受けてくれ、収納時にはスタッキング出来、

合理的なデザインです。


stock : 0
price : sold !!

 

お問い合わせ

 

 

← 戻る